タカラ~ムの本棚

読んだ本の感想などをボチボチと綴るブログ

田房永子責任編集「エトセトラvol.1 特集コンビニからエロ本がなくなる日」(エトセトラブックス)-毎号新しい編集長によって作られるフェミマガジンの創刊号。テーマは「コンビニの店頭からエロ本がなくなる日」

www.e-hon.ne.jp

 

 

5月の『文学フリマ東京』で購入した中の一冊。「毎号、新しい編集長がいま伝えたいテーマを特集するフェミマガジン」(裏表紙より抜粋)の創刊号になる。編集長は、漫画家でライターの田房永子さん。テーマは『コンビニからエロ本がなくなる日』。

今年(2019年)1月にコンビニ大手の三社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)は、8月末までに成人向け雑誌の店頭販売を中すると発表した。大人の男性だけでなく、女性や小さい子どもも利用するコンビニの店頭からエロ本がなくなることが決まったのである。

本書には、コンビニからエロ本が消えることに対するさまざまな意見が集められている。

前書きにあたる「はじめに」を読むと、田房さんがなぜ本書を作ろうと考えたのかが記されている。以前から、コンビニでエロ本が売られていることに疑問を感じていた田房さんは、今回のコンビニ各社の決定を歓迎した。一方で、『コンビニからエロ本がなくなる』というニュースが世間的には『ささいな事』として、あっという間に消費されてしまうことに不安も感じた。「これは『ささいな事』じゃない」と考えた田房さんが作った雑誌が「エトセトラvol.1」である。

本書には、さまざまなライター陣が多様な意見を寄せている。フェミニズムに関わるライター、実際にエロ本を扱うこともある書店員、エロ本業界で働く編集者やライター。その他に、SNS等を通じて集まった一般の方々の投稿も紙面を割いて掲載されている。

本書の方向性としては、編集長の田房さん自身がコンビニ店頭でのエロ本販売中止を歓迎する立ち位置であることからコンビニからエロ本が消えることを歓迎する内容に寄っているように思う。ただ、一方的に賛成意見だけが示されているというわけではない。

たとえば、本書には一般読者からの投稿が40本掲載されている。意見の多くがコンビニでのエロ本販売中止を歓迎する内容になっているが、反対意見も掲載されているし、単純な賛成反対の意見だけではなく、エロコンテンツ産業の問題などに関する意見などもある。幅広く意見が掲載されていることで、読者も考えるきっかけを得ることができるようになっているのだ。

エロ本業界で活動するライターやコンビニ販売用のエロ本をつくっている編集者からは、コンビニでのエロ本の売上(2000年代後半には1冊で10万部の売上があり、現在でも3万部程度は売り上げているという)がなくなることへの危機感も示されていて、エロというコンテンツが一定の市場を有していることもわかるのも面白い。

私自身の意見を書けば、コンビニのエロ本販売中止は歓迎している。私は男性であり、エロ本やエロビデオの恩恵を少なからず享受してきた。ただ、エロ本をコンビニで買ったことはない。むしろ、コンビニでエロ本が売られていることは疑問に感じていたし、必要性を感じられなかった。なので、今回の販売中止は単純に良かったと思うし、時代の流れなどを考えれば当たり前だと感じている。

インターネットから気軽にエロが入手できる時代にコンビニでエロを販売する必要性はない、とする意見に対してデジタル弱者である高齢男性からエロを奪うことになるのは問題とする対立意見がある。これも「なるほど」と思う。コンビニが社会インフラとして機能するのであれば、さまざまなニーズを満たす場所としてのコンビニにエロを求めることもあるだろう。ささやかなニーズであるかもしれないが、ニーズとしては確かに存在する。

だが、多少のニーズはあるにしても、それがコンビニでエロ本を販売して良いとする根拠とするには弱い。コンビニ利用者の多くは、コンビニでエロ本を買う必要性を感じていないし、コンビニでエロ本を販売する必要性も感じていない。私も含め多くのコンビニ利用者は、エロ本がコンビニで販売されなくても困らない。

コンビニでエロを手に入れられなくなっても、別の方法や別の場所で手に入れられるようになる。人間の(特に男の)エロに対する欲求は強いのだ。むしろ、コンビニで手軽に手に入る必要はなくていい。そのくらいのハードルはあった方がいい。

フェルディナント・フォン・シーラッハ/酒寄進一訳「罪悪」(東京創元社)-罪の意識とはどういうものなのか。

www.e-hon.ne.jp

 

 

人は、自分が犯した罪の重さをどう考えるのだろうか。

小さな罪であっても、深く罪悪感に苛まれて苦悩し続ける人がある。
大きく重い罪を犯しても平然としていられる人がある。

フェルディナント・フォン・シーラッハの短編シリーズ第2作となる「罪悪」には、15篇の短編が収録されている。

ふるさと祭り
遺伝子
イルミナティ
子どもたち
解剖学
間男
アタッシュケース
欲求

寂しさ
司法当局
清算
家族
秘密

前作の「犯罪」を久しぶりに読み返したこともあり、また2019年6月にはシリーズ第3作にして、短編3部作の締めくくりとなる「刑罰」が刊行されることもあって、「罪悪」も7年ぶりくらいに読み返してみた。

冒頭に収録された「ふるさと祭り」が衝撃的だった。賑わう祭りの会場で起きた楽団員たちによる少女輪姦事件。酒に酔って事件を起こした楽団員たちには罪の意識は希薄であり、レイプ被害を受けた少女もあまりの恐怖から楽団員の誰が加害者なのかをはっきりと認識できていない。少女が理不尽な暴行(それはあまりに凄惨である)を受けているのは明らかなのに、証拠や証言の曖昧さから罪を裁くことのできないジレンマがある。

最初に読んだときには、そんな理不尽なことがあってはいけないと憤りを感じたが、今まさに同じような理不尽なことが自分たちの国でも起きていることに愕然とした。

「犯罪」が、『人はなぜ罪を犯してしまうのか』を読者に問いかけた短編集だとしたら、「罪悪」は、『犯してしまった罪の重さを人はどう受け止めるのか』を読者に問いかけた短編集である。15篇の短編のひとつひとつに描かれた罪とその罪の重みを登場人物がどう受け止めているか。それを読んで読者である私たちはどう受け止めたらよいのか。ただ楽しむだけではなく、いろいろなことを考えさせられる短編集だった。

 

フェルディナント・フォン・シーラッハ/酒寄進一訳「犯罪」(東京創元社)-人はなぜ罪を犯してしまうのか。それぞれの事情、それぞれの人生をみつめる11の物語

www.e-hon.ne.jp

 

先日(2019年4月19日)、『はじめての海外文学』の人気企画『はじめての読書会』の番外編として翻訳家酒寄進一さんをお迎えしたイベントが開催されました。その課題図書となったのが、フェルディナント・フォン・シーラッハ「犯罪」です。

イベントの開催に合わせて、7年ぶりくらいに本書を再読しました。

本書は、シーラッハのデビュー短編集です。弁護士でもある著者の経験した事件をベースにした11編が収録されています。

フェーナー氏
タナタ氏の茶盌
チェロ
ハリネズミ
幸運
サマータイム
正当防衛

愛情
エチオピアの男

どの作品も、これまでに読んできたミステリーとは異なる味わいがあると感じます。人間には弱い部分や狡猾な部分があって、それが犯罪を生み出す。やむにやまれぬ犯罪かもしれないし、計画的な犯罪かもしれない。どのような犯罪であっても、弁護士はその役割に忠実にしたがって行動する。そのことが、ときに無機質に、ときにわずかな感情を含んで描かれているのが本書だと思います。

11編それぞれに味わいがあります。どの作品が好きかを語り合いたくなります。先日の読書会でも、会場に集まった参加者それぞれが自分の好きな作品について話し、酒寄さんにもたくさん質問され、会場はおおいに盛り上がりました。

キャッチに書いた『人はなぜ罪を犯すのか』は、本書の根底にあるテーマだと思います。抑圧された中で耐えてきた思いがあるとき一気に開放される。それが、罪を犯すことへとつながる。「フェーナー氏」や「チェロ」、「棘」は、妻との約束、父親との関係、閉塞的な環境がもたらす強迫性といった抑圧が、時間をかけて蓄積していくことで、やがて罪へとつながっていきます。彼らにとって罪を犯すことは解放であり、犯してしまったことへの罪悪感以上に、抑圧から解放されたことへの安堵感が強くなる。その安堵感には、読者も共感してしまうところ、同情してしまうところがあるかもしれません。

エチオピアの男」のように、自らの育ってきた環境の中で、罪を犯すことでしかできなかったという話もあります。ようやく、自分の居場所を見つけても、そこに戻るためには、また罪を犯さなければいけない。それこそが、罪を犯さざるをえない人間の苦しみなのです。

罪を憎んで人を憎まず、という言葉があります。犯罪は、どのような理由があろうとやってはいけないことです。罪を犯した人間は、その罪の重さに見合った報いを受けなければなりません。でも、彼らが犯罪に至った事情も考えた上で、糺すべきところを糺していくことが必要なのではないと感じるのです。

ニコラ・ド・イルシング/末松氷海子訳、三原紫野絵「なんでもただ会社」(日本標準)-なんでもタダ!なんと甘美な言葉!でも、甘い言葉には必ず裏があるよ、気をつけて!

www.e-hon.ne.jp

 

無料!タダ!

なんと心惹かれるワードなんでしょう。ランチタイムに入った定食屋さんでごはんと味噌汁のおかわりが無料!とか、ラーメン屋さんで大盛無料!とか、今ならエアコンの取付工事費が無料!とか、世の中には無料・タダが溢れています。そして、人は『無料!タダ!』という言葉に弱いものです。

ニコラ・ド・イルシングの「なんでもただ会社」に出てくる『なんでもただ会社』は、会員になるだけで注文した品物がなんでもタダでもらえるという夢のような会社です。会員登録は名前を教えるだけ。それだけで欲しいものはなんでももらちゃうんです。

ただ、規則がひとつだけあります。それは、注文する品物の最後に『ン』がついているものは注文できないということです。もし『ン』のつくものを注文してしまったら、それまでにもらった品物はすべて返却しなければなりません。もし、ひとつでも返せないものがあったら、宇宙の果てにあるティクサールという星に連れて行かれて、死ぬまで工場で働かされてしまいます。なんとハイリスク!

いたずら好きの少年ティエリーは、両親が留守のある日、電話でいたずらをしていて偶然『なんでもただ会社』につながってしまいます。半信半疑だったティエリーですが、注文したプラスティックのトラックが本当にただでもらえて驚きます。

さあ、本当にただで欲しいものがもらえるとわかったティエリーは次々と品物を注文していきます。ひこうき、トランシーバー、ボール、パズル、きかんしゃ、グローブ、などなど。気をつけなければいけないのは、名前の最後が『ン』にならないこと。でも、『なんでもただ会社』の人はなんとかしてティエリーに『ン』のつくものを注文させようとします。クレヨン、ピンポン、バイオリン。ティエリーは相手の誘導にのせられないように注意しますが、ある時ついに『ン』のつくものを注文してしまいます。

無料やタダという言葉は、ついつい人を油断させてしまいます。とくに食べたいわけでもないのにタダだからと料理を大盛りで頼んでしまい、結局食べきれなくて残してしまったりして。それで学習するかといえば、次も同じ失敗を繰り返しちゃったり。

タダほど高いものはない
安物買いの銭失い

そんなことわざ、格言があります。タダだから安いからと調子に乗って、買ったり食べたりした結果、残るのは後悔ばかりという経験を戒める言葉ですよね。

調子に乗って『なんでもただ会社』からタダで欲しいものをもらっていたティエリーも最後には怖い思いをすることになります。ちょっとしたいたずらのつもりだったのにひどい目にあったティエリーは、きっと自分が調子に乗ったことを反省したでしょう。いたずら好きの性格は変わらないかもしれませんが、注意するようにはなったはずです。

人間は誘惑に弱いもの、でも誘惑に乗って怖い思いをしたり失敗したりしてひどい目にあったら、そのことをちゃんと反省して同じ失敗を繰り返さないように注意することができるのも人間です。

「なんでもただ会社」を読むのは、まだまだ小さい子どもたちだろうと思います。「なんでもタダでもらえるなんていいな、うらやましいな」という気持ちの方が大きいだろうなと思います。だから、この本を読むときはぜひ大人も一緒に読んでほしいです。そして、「甘い誘惑の裏には怖いこともあるんだよ。気をつけないといけないよ」ということを教えてあげてください。大人は誘惑に負けて失敗してきた記憶がたくさんあります。その教訓を子どもたちに伝えることも大人の役割だと思うのです。

 

ライマン・フランク・ボーム/宮坂宏美訳「完訳オズの魔法使い」(復刊ドットコム)-よく知っている物語ですが、本ははじめて読みました

www.e-hon.ne.jp

 

 

オズの魔法使い」は、映像作品では観たことがあっても本を読んだことがありませんでした。今回、『はじめての海外文学vol.4』で訳者でもある宮坂宏美さんが推薦したので読んでみました。

カンザス州で、お百姓のヘンリーおじさん、奥さんのエムおばさんと一緒に暮らしているドロシーが主人公です。

ある日、ドロシーは、大きなたつまきによって小犬のトトと一緒に見知らぬ場所に家ごと吹き飛ばされてしまいます。そこは、とても美しい景色の場所でした。

この美しい場所の名前は『オズ』といいます。ドロシーは、カンザスへ戻るためにオズの国の中心にあるエメラルドの都へ向かいます。そこに住むという大魔法使いのオズさまに会って、カンザスに帰るための手助けをしてもらうのです。

エメラルドの都に向かうドロシーは、その途中で旅の仲間と出会います。

トウモロコシ畑では、かかしと出会いました。かかしは、エメラルドの都でオズさまに会ったら脳みそをもらうと言います。

森のなかでは、錆びついて動けなくなっていたブリキのきこりを助けます。ブリキのきこりは、オズさまに心臓をもらいたいと言います。

さらに森をすすむドロシーたちは、ライオンと出会います。ライオンは、その見た目や大きな吠え声に似合わぬおくびょうものでした。ライオンは、オズさまに会ったら勇気をもらいたいと言います。

こうしてドロシーは、かかしとブリキの木こりとライオン、そして小犬のトトと一緒にエメラルドの都を目指します。そして、オズさまと会うことになるのですが...

復刊ドットコムから刊行された「完訳オズの魔法使い」は、全15巻におよぶ「オズシリーズ」の第1巻になります。私は、「オズの魔法使い」がシリーズになっていることを知りませんでした。他のシリーズ作品はどんな物語なのでしょう。気になります。

完訳版のオズシリーズは、本書の宮坂宏美さんをはじめ、ないとうふみこさん、田中亜希子さんが翻訳を担当されています。全15巻を2年間で翻訳刊行したそうで、相当に大変な仕事だったのだろうと思います。

エメラルドの都でオズさまと出会ったドロシーたちは、そこである事実を知ります。彼女たちの冒険は、オズさまと出会っただけでは終わらず、さらにオズの国を旅することになります。はたして、彼女たちはそれぞれの希望を叶えることができるのでしょうか。

映画化されたり、ミュージカルになったりと長く愛され続けている不朽の名作です。ほとんどの人は、そういう作品を通じて「オズの魔法使い」を知っていても、私のように小説として読んだことはないかもしれません。この機会に、物語としての「オズの魔法使い」を読んでみるのもいいかもしれません。

 

 

友田とん「パリのガイドブックで東京の町を闊歩する1 まだ歩きださない」(代わりに読む人)-「『百年の孤独』をか代わりに読む」の友田とん、今度はパリのガイドブックで東京を歩く!?

 

パリのガイドブックで東京の町を闊歩する: まだ歩きださない (1)

パリのガイドブックで東京の町を闊歩する: まだ歩きださない (1)

 

 

「『百年の孤独』を代わりに読む」という、なんとも興味をそそられるタイトル自費出版本で私の心を惹きつけた友田とんさんが新刊を出した。しかも、今回はご自身で出版レーベル(その名も『代わりに読む人』!)まで立ち上げたとのこと。新刊のタイトルは「パリのガイドブックで東京の町を闊歩する1 まだ歩きださない」である。

パリのガイドブックで東京の町を歩く?
でも、まだ歩きださない?

タイトルだけで、これほど読者の興味をそそる本があるだろうか? 「『百年の孤独』を代わりに読む」もそうだったが、ネットや店頭で見たときに「おぉ!」と思わず唸ってしまう本がある。友田さんの本は、まさにそういう本だ。

しかし、タイトルで興味をそそる本は、一方で危険な本でもある。というのは、タイトルが秀逸すぎて、中身でガッカリすることが少なくないからだ。過去に何度もそういう経験をしてきた。

友田さんの場合、前作が期待に違わず内容も抜群に面白かったので、今回も大丈夫と安心して読んだ。ちゃんと期待にこたえてくれていた。

本書がどういうジャンルのどういうタイプの本なのかを説明するのは、なかなかに難しい。そもそも、「パリのガイドブックで東京の町を闊歩する」とはなんなのか。東京の町を紹介する『街歩きガイドブック』になるのか。であれば、『パリのガイドブックで』とはどういう意味なのか。

読み始めるまでに、どういう疑問が頭の中をグルグルと渦巻くに違いない。あまりに訳がわからなすぎて、歩きださないどころか読みださないなんて人もいるかもしれない。

「『百年の孤独』を代わり読む」で友田さんは、「百年の孤独」を読み始めるときにふたつのことをなんとなく決めた。

・冗談として読むこと
・とにかく脱線すること

その、なんとなく決めたポリシーが本書にも受け継がれている。「パリのガイドブックで東京の町を闊歩する」という、友田さんの脳裏に唐突に湧き上がった啓示に、彼はなんらかのときめきを感じた。Spark Joyしちゃったわけである。

パリのガイドブックで東京を歩くにあたってのルールをまずふたつ決めた。

ルール1:東京のガイドブックには頼らない
ルール2:パリのガイドブックは読む

さらに、その後に3つめのルールが追加される。

ルール3:フレンチトーストは好き

いやいや、なんだそのルールはよくわからんぞ。と思われたかもしれない。詳しく説明したいところだが、本書は50ページにも満たない短い作品なのだ。細かくレビューしていたら、ほとんど書き写しみたいになってしまう。気になる方はぜひ書店で買って読んでください。

サブタイトルにあるように、友田さんの東京の町を闊歩する物語はまだまだスタートラインに立ったばかりだ。フレンチトーストとカレーを求め歩いたように、これから友田さんはいろいろな何を求めて東京の町を闊歩し続けていくのだろう。

「パリのガイドブックで東京の町を闊歩する2」は、今年の秋の刊行予定とのこと。時代が平成から令和にかわる歴史的な転換点において、友田さんの旅がどのような展開をみせていくのか気になる。第2巻がでるまでの間、私もフレンチトーストとカレーを目当てに町に出てみようかと思っている。

 

s-taka130922.hatenablog.com

 

ロバート・ニュートン・ベック/金原瑞人訳「豚の死なない日」(白水社)-父と息子をつなぐ強くて深い絆の物語

 

www.e-hon.ne.jp

父、ヘイヴン・ペックに……
父は寡黙で穏やかで
豚を殺すのが仕事だった。


ロバート・ニュートン・ベック「豚の死なない日」は、息子と父の物語だ。

主人公のロバートは、著者ロバート・ニュートン・ベック自身である。「豚の死なない日」は、ロバート・ニュートン・ベックの自伝的作品なのだ。

12歳のロバートは、学校に通いながら父ヘイヴンの農場を手伝っている。家族はシェーカー教徒であり、その暮らしはつましい。父は読み書きができないが、働き者であり、農作業のことで知らないこと、できないことはない。ロバートは、父の背中をみて成長し、父を尊敬していることがわかる。

本書は、1972年に刊行された著者のデビュー作である。著者がデビュー作に父との物語を選んだことに、父への尊敬の念と深い絆が感じられる。

物語を通じて、ロバートは少年から青年へと成長する。まだまだ幼くて未熟だと思っていた少年が、様々な出来事を経験することで立派にひとりだちしていく。ありがちなストーリーと言ってしまえばそれまでだ。だけど、そういう当たり前のストーリーだからこそ、胸に刻まれるものがあると感じる。

男の子にとって父親というのは、最初に身近に接する大人の男であり、憧れの存在である。私自身、自分が父親と呼ばれる年齢になった今でも、父親は憧れの存在であり、人生でもっとも信頼し尊敬する人物だ。そして、一生かかっても追いつくことができない存在でもある。

「豚の死なない日」での、ヘイヴン・ベックとロバート・ニュートン・ベックの関係は、私がみても理想的な親子関係だと思う。息子は、常に父を意識し、父のために頑張ろうと努力する。父は、息子の成長を頼もしく感じ、優しく厳しく自分の経験を教え伝えようとする。

物語の終盤、ロバートが大切に育ててきた豚のピンキーが不妊症であることがわかり、彼女を殺処分することになる。残酷なようだが、農家にとって繁殖能力のない家畜は役に立たない。それは仕方のないことだ。ロバートは、ヘイヴンがピンキーを殺す作業を手伝う。かわいがってきたピンキーが、目の前で殺されていく。ロバートは、父を憎む。憎みながら、それ以上に父を尊敬する。

「これが大人になるということだ。これが、やらなければならないことをやるということだ」

父は息子にそう言い聞かせる。それは、息子はこれからひとりで生きていかなければならないことを言い聞かせているようだ。父の支えがなくても、自分で考えて、自分の力で生きていけと伝えているようだ。

少年はこうして大人になる。