タカラ~ムの本棚

読んだ本の感想などをボチボチと綴るブログ

「赤い魚の夫婦」ダアダルーペ・ネッテル/宇野和美訳/現代書館-魚、ゴキブリ、猫、菌類、そして蛇。生き物の存在が醸し出す不穏さや不気味さ、あるいはユーモア。メキシコの女性作家による珠玉の短編集。

(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, d.…

「芝木好子小説集 新しい日々」芝木好子/書肆汽水域-物語の中に巧妙に仕込まれた本質が表出したときにゾワッとした気持ちになる珠玉の短編集

(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, d.…

「“いのち”のすくいかた 捨てられた子犬、クウちゃんからのメッセージ」児玉小枝/集英社みらい文庫-“殺される命”を“救われる命”にするために私たちができることはなにかを考えるきっかけとなる本

(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, d.…

「カシタンカ」アントン・P・チェーホフ作、ナターリャ・デェミードヴァ絵/児島宏子訳/未知谷-読む人や読み方で解釈が分かれそうな作品。読みやすさの奥にある複雑な世界観

// リンク この若い赤毛の犬はダックスフントと野良犬の雑種で、キツネそっくりでした。 指物師のルイに飼われているキツネそっくりの雑種犬の名前は『カシタンカ』といいます。この物語は、ひょんなことから飼い主とはぐれてしまったカシタンカが見知らぬ男…

「犬は愛情を食べて生きている」山田あかね/光文社-24時間365日を動物に捧げる“奇跡の獣医”太田快作の動物愛

// リンク 「犬やネコのような伴侶動物は、寿命を長くしてほしいと思っていない。飼い主と一緒に幸せになりたいと思っている」 表紙カバーの折返しに書かれたこの言葉を著者は、太田快作の名言として紹介している。 太田快作とは誰か。多くの人が、「その人…

「死に山 世界一不気味な遭難事故〈ディアトロフ峠事件〉の真相」ドニー・アイカー/安原和見訳/河出書房新社-半世紀もの間、謎とされてきた遭難死事件。長く解明できなかった事件の真相に著者はたどり着けるのか?

// リンク 「あなたの国には、未解決の謎はひとつもないのですか」 1959年、旧ソ連のウラル山脈で起きた不可解な遭難事故。遭難した大学生トレッキンググループのリーダーだったイーゴリー・ディアトロフの名前から〈ディアトロフ峠〉と呼ばれるようになる場…

「ビア・マーグス-ビールに魅せられた修道士」ギュンター・テメス/森本智子、遠山明子訳/サウザンブックス-モルト工場で発見された古い手記に記されていたのは、ビールに魅せられた男の人生の物語だった

// リンク ビールといえばドイツ、ドイツといえばビールとは、日本人の多くが認識していると思います。 あとがきで訳者も書いているように、私たちの頭の中ではドイツとビールは切っても切り離せない関係がしっかりとできあがっている。 それゆえ、「ビア・…

「きらめく拍手の音」イギル・ボラ/矢澤浩子訳/リトルモア-『コーダ』はろう者と聴者をつなぐ存在。ろう者の両親を持つ著者だから書き得たろう者の世界

// リンク その光景に一瞬で魅了された私は、急いでビデオカメラの電源を入れた。頭上にカメラを高く上げると、前にいたろう者が振り向いて私を見た。彼はレンズに向かって手を振った。きらめく拍手だった。 イギル・ボラ「きらめく拍手の音」は、『コーダ』…

「天使のゲーム」カルロス・ルイス・サフォン/木村裕美訳/集英社文庫-作家として成功した青年の前に現れた謎の編集者。そこから青年の周囲で不可解な事件が起こり始める。「風の影」に続く『忘れられた本の墓場』シリーズ第2弾

// リンク 前作「風の影」(木村裕美訳、集英社文庫)に続く『忘れられた本の墓場』シリーズの第2弾となる作品。本作でも、「風の影」と同様に『忘れられた本の墓場』や『センペーレと息子書店』といった印象深かった場所が登場する。 本書の主人公は、ダビ…

「老ピノッキオ、ヴェネツィアに帰る」ロバート・クーヴァー/斎藤兆史、上岡伸雄訳/作品社-晴れて人間となり学問を極めたピノッキオ。老境を迎えて故郷に戻った彼が見舞われる散々なトラブル

// リンク 勇気を持ち正直で優しい子になって人形から人間になったピノッキオは、その後どのような人生を歩んだのか。ピノッキオのその後を描いた感動の続編! 本書は、そんな作品ではない。著者はロバート・クーヴァー。となれば一筋縄ではいかない曲者な作…

「前田建設ファンタジー営業部」前田建設工業株式会社/幻冬舎-マジンガーZの地下格納庫、実際に造れる? 総工費はいくらかかる? 実在の建設会社が真面目に考えます!

// リンク アニメに登場するロボットや巨大建造物を実際に造ることはできるのか? もし造ったら総工費はいくらくらいになるのか? アニメをみながらそんな興味を持ったことがあるという人は少なからずいるだろう。 本書「前田建設ファンタジー営業部」は、そ…

「6代目 日ペンの美子ちゃん」服部昇大/一迅社-マンガ誌の広告で誰もが目にしたことのあるあの「日ペンの美子ちゃん」が単行本に!?

// リンク 「日ペンの美子ちゃん」をご存知だろうか。私が小中高校生くらいのときにマンガ誌に掲載されていた広告マンガだ。日本ペン習字研究会(略して「日ペン」)のボールペン習字通信講座のイメージキャラクターである。昭和47年 タイトルに“6代目”とあ…

「ピノッキオの冒険」カルロ・コッローディ/大岡玲訳/光文社古典新訳文庫-子どものときに読んだ絵本やディズニーアニメでみた“ピノキオ”とは違う“ピノッキオ”を堪能する

// リンク “ピノキオ”といえば、絵本であったりディズニーのアニメ映画だったりでおなじみのキャラクターだ。ゼペットじいさんがつくったあやつり人形のピノキオが命を与えられ、コオロギのジミニー・クリケットがピノキオの良心として彼を見守り、ピノキオ…

「ミス・マープルの名推理 予告殺人」アガサ・クリスティー/羽田詩津子訳/早川書房(ハヤカワ・ジュニア・ミステリ)-“殺人をお知らせします” 地元紙の広告欄に掲載された殺人予告。そして事件は起きる。

// リンク 昨年(2020年)は、アガサ・クリスティーの作家デビュー100周年&生誕130周年記念イヤーとして、早川書房が一大キャンペーンを展開した。過去に『クリスティー文庫』として刊行されていた数ある作品の中から、6作品が新訳刊行された。(参考:2020…

「ジョージと秘密のメリッサ」アレックス・ジーノ/島村浩子訳/偕成社-ジョージは10歳の男の子、だけど心は女の子。シャーロットが与えてくれた勇気と希望

// リンク 身体の性と心の性が一致しない性的マイノリティーを“トランスジェンダー”といいます。 アレックス・ジーノ「ジョージと秘密のメリッサ」の主人公ジョージは男の子です。女の子が読む雑誌をこっそりと隠れて読んだりしています。雑誌の中でキラキラ…

「同伴避難 家族だから、ずっと一緒に・・・」児玉小枝/日本出版社-大きな災害にとき、あなたの地域では、大切な家族(ペット)と一緒に避難できますか?

// リンク 2021年1月31日(日)から2月14日(日)まで、私が『タカラ~ムの本棚』として棚を借りている千葉県松戸市八柱の『せんぱくBookbase』にある和室スペースをお借りして、「『老犬たちの涙』写真展」を開催している。このレビューをアップした2月7日(日)…

「あのころはフリードリヒがいた」ハンス・ペーター・リヒター/上田真而子訳/岩波少年文庫-同じ年同じアパートで生まれた“ぼく”とフリードリヒ。でも、フリードリヒはユダヤ人だった。

// リンク ナチスドイツによるユダヤ人迫害を描いた作品には、アンネ・フランク「アンネの日記」、ピーター・フランクル「夜と霧」など、フィクションからノンフィクションまで数え切れないほどに出版されている。 本書「あのころはフリードリヒがいた」も、…

「ブロード街の12日間」デボラ・ホプキンソン/千葉茂樹訳/あすなろ書房-1854年にイギリスのブロード街で起きた実話を元にした作品。『青い恐怖』に襲われたブロード街を救うためイール少年は奔走する。

// リンク 巻末の「著者の覚え書き」の冒頭「執筆のきっかけ」にこう記されている。 数年前、わたしはスティーブン・ジョンソン著の『The Ghost Map』と出会いました。スノウ博士と1854年(注:書籍記載は漢数字)に起こったブロード街でのコレラ大発生のこ…

「キャラメル色のわたし」シャロン・M・ドレイパー/横山和江訳/鈴木出版-繰り返し読むことでいろいろなことを気づかせてくれる作品

// リンク 2020年が“激動の年”であったと、後年に歴史的に語られるとすれば、その激動のひとつは“Black Lives Matter”(BLM)となるだろう。これまでも、黒人差別に対する抗議活動は活発に行われてきたが、2020年は、5月に起きた『ジョージ・フロイド事件』…

「恋する少年十字軍」早助よう子/河出書房新社-自然な唐突感と多彩な世界観。それが早助作品の魅力です。

// リンク 昨年(2019年)「ジョン」(私家版)で名だたる作家、翻訳家、書店員、読者から熱烈歓迎された早助よう子さんの新刊が9月に河出書房新社から刊行された。それが本書「恋する少年十字軍」である。 本書には、表題作を含め7篇の短編とあとがき「中…

「フランクを始末するには」アントニー・マン/玉木亨訳/創元推理文庫-赤ん坊とバディを組む刑事。買い物リストだけで描かれる恐怖。奇抜なユーモアで描かれる12篇の短編ミステリー

// リンク 部屋を片付けていて発掘された本を読んでみた。アントニー・マン/玉木亨訳の「フランクを始末するには」(創元推理文庫)だ。奥付には『2012年4月27日 初版』とあるので、8年半くらい前に出た本である。 巻末の野崎六助氏の解説によれば、著者の…

「風の影」カルロス・ルイス・サフォン/木村裕美訳/集英社文庫-『忘れられた本の墓場』でダニエルが見つけた一冊の本。その謎を追う中でわかってくる不可解な事実と許されざる愛の行方はいかに?

// リンク // リンク // リンク 『忘れられた本の墓場』、ある作家の本を探し焼き尽くそうとする謎の人物、そして時を経て重なるふたつの愛。カルロス・ルイス・サフォン「風の影」には、本を愛するものを虜にする極上のエンターテインメントがこれでもかと…

「燃えるスカートの少女」エイミー・ベンダー/管啓次郎訳/角川文庫-#はじめての海外文学 vol.6。書き出しでグイッと引き込まれる16篇の不思議で魅力的な物語が味わえる短編集

// リンク 逆進化する恋人、胃に穴のあいた父と母親を産んだ母、男のおちんちんで体をいっぱいにしたいと願う図書館員、火の手をもった女の子と氷の手をもった女の子。 エイミー・ベンダー「燃えるスカートの少女」には、不思議な魅力に満ちた16の短編が収録…

「珈琲の哲学 ディー・レスタリ短編集1995-2005」ディー・レスタリ/福武慎太郎監訳、西野恵子、加藤ひろあき訳-#はじめての海外文学 vol.6。インドネシア現代文学を代表する作家の短編集。珈琲に憑かれた男の葛藤を描く表題作他、人間の人生の複雑さを描く18篇

// リンク インドネシア文学を読むのは、たぶんこれがはじめてだと思う。そういう意味で言えば、本書はまさに“はじめて”の海外(インドネシア)文学である。 本書冒頭の監訳者・福武慎太郎氏の解説によれば、著者のティー・レスタリは、現代インドネシアを代…

「白い病」カレル・チャペック/阿部賢一訳/岩波文庫-伝染病の恐怖を描いている部分もあるが、それ以上に正義となにか悪とはなにかを問いかける物語でもある

// リンク 「白い病」は、カレル・チャペックが1937年に発表した戯曲である。これまでに二度翻訳出版されていて、今回が三度目の翻訳となる。訳者の阿部賢一さんが、緊急事態宣言が発令された2020年4月7日に訳し始め、noteで少しずつ公開していたものを岩波…

保健室のアン・ウニョン先生(チョン・セラン/斎藤真理子訳/亜紀書房)-レインボーカラーの剣とBB弾を武器に保健教師は戦い続ける!

// リンク 私はこの物語をただ快感のために書きました。一度くらい、そういうことがあってもいいんじゃないかと思いました。ですから、ここまで読んできて快感を感じられなかったとしたら、それは私の失敗ということになります。 帯にも引用されている著者の…

ののの(太田靖久/書肆汽水域)-私的に現時点で2020年のベスト。こういう作品との出会いがあるから読書は楽しい

// リンク またすごい本に出会った。 私にはいくつか好きな本のタイプがある。 読んでいる間、ずっと気分が高揚し、物語の世界を存分に楽しませてくれるエンタメ小説。何もかも忘れてとにかく楽しみたいときにはそういう本を読む。小説世界に没頭できる本が…

ロボット・イン・ザ・ファミリー(デボラ・インストール/松原葉子訳/集英社文庫)-シリーズ第4弾。チェンバース家の庭に突然現れたロボット(通算3回め)、またまたロボットをめぐる騒動が巻き起こる。

// リンク ちょっとポンコツで、でもかわいくて憎めないロボット・タングを中心にチェンバース一家が子育てや教育など家庭の問題と向き合い取り組んでいく人気シリーズの第4作である。 前作「ロボット・イン・ザ・スクール」では、ラストに日本から帰国した…

きみにかわれるまえに(カレー沢薫/日本文芸社)-ペットを飼うこと、それは命を預かること。必ず訪れる別れを受け入れる勇気と覚悟をもつこと

// リンク 新型コロナによるステイホームをきっかけにペットを飼う人が増えているという。その一方で、飼い始めたはいいが、自分が思っていたのと違うとペットショップに返品(命のある動物に対する言葉としては甚だ不適切な言葉だ)してきたり、保護施設に…

ロープとリングの事件(レオ・ブルース/小林晋訳/国書刊行会)-『世界探偵小説全集』の第8巻。ガサツで鈍重そうな探偵とインテリだがちょっと天然な相棒のコンビがふたつの首吊り事件の真実に迫るユーモアミステリー小説

// リンク 国書刊行会の『世界探偵小説全集』の第8巻。本書は、元警察官の私立探偵ビーフ巡査部長と彼の行動を記録し探偵小説として世に送り出すワトスン役のライオネル・タウンゼントのコンビがふたつの首吊り事件の謎を解明するミステリーだ。 物語のあら…