ガタガタ書評ブログ

読んだ本の感想などをボチボチと綴るブログ

2016-04-06から1日間の記事一覧

【書評】彩瀬まる「やがて海へと届く」(講談社)-深く、フカク、その想いはやがて海へと届く

3.11以後、様々な震災文学が出版された。直接的に震災と震災以後を扱った作品もあれば、震災には直接的に触れずに、だけど登場人物たちの心の奥底に震災の影が見え隠れするような作品もある。 やがて海へと届く 作者: 彩瀬まる 出版社/メーカー: 講談社 発売…