ガタガタ書評ブログ

読んだ本の感想などをボチボチと綴るブログ

大前粟生「回転草」(書肆侃侃房)-読者の想像力vs.作家の創造力

文学ムック「たべるのがおそいvol.2」で、本書の表題作にもなっている「回転草」を読んだときの衝撃が忘れられない。そのとき書いた「たべるのがおそいvol.2」のレビューでは、全体の半分以上を『大前粟生という作家に出会った喜び』を語ることに費やしている。

s-taka130922.hatenablog.com

 

その後、「GRANTA JAPAN」に掲載されていた「彼女をバスタブにいれて燃やす」(本書にも収録)を読み、その魅力にさらに取り憑かれた。さらに、「たべるのがおそい」編集長である西崎憲氏が立ち上げたインディーズの電子書籍レーベル『惑星と口笛ブックス』から刊行された「のけものどもの」も入手し(ただし未読。大前さんスイマセン)、個人的に今一番注目している日本人若手作家ベスト3のひとりとなっている。ちなみに他のふたりは、「文字の消息」他で魅了された澤西祐典氏であり、「落としもの」で魅了された横田創氏である。

s-taka130922.hatenablog.com

s-taka130922.hatenablog.com

 

その個人的注目作家の大前粟生氏の短編集が本書「回転草」である。収録作品は以下の通り。

回転草
破壊神
生き物アレルギー
文鳥
わたしたちがチャンピオンだったころ

ヴァンパイアとして私たちによく知られているミカだが
彼女をバスタブにいれて燃やす
海に流れる雪の音
よりよい生活

このうち、「破壊神」、「夜」、「よりよい生活」は書き下ろしである。

表題作「回転草」については、「たべるのがおそいvol.2」のレビューで書いたので、本レビューではその他の作品で個人的にお気に入りの作品を紹介したい。「彼女をバスタブにいれて燃やす」だ。

物語は、語り部である私が彼女の死体をバラバラに解体している場面ではじまる。「猟奇殺人ミステリなの?」と早合点してはいけない。作者は大前粟生なのだ。

読み進めていくとすぐにあることに気づく。彼女を描写するワードが、人間を描写するワードではないのだ。彼女(ミカ)は、少しずつ人間からある動物へと姿を変えている。身体に変わった毛がはえ、つなげると星座みたいにみえる模様ができはじめる。身体は次第に変形し、やがて顔だけがミカのまま動物と化す。ミカはやがて人間としての理性も失い、私はミカを殺す。そして、彼女をバスタブにいれて燃やす。

ラストで、私が新しい恋人サキからかけられる一言にゾクリとする。

本書に収録されている短編は、それぞれに独立した短編であり連作ではない。だが、読んでいるとそれぞれが微妙につながっていることに気づく。紹介した「彼女をバスタブにいれて燃やす」の彼女の名前はミカであり、同じ名前の人物が「ヴァンパイアとして私たちによく知られているミカだが」にも登場する。もちろん、両者は別人であり、つながりはない。表題作「回転草」の主人公は回転草であり、「破壊神」では登場人物たちが暮らす世界に膨大な数の回転草がいる。登場人物のひとりレイナが大好きなボーカル&ダンスユニット〈ファントムズ〉のメンバーも回転草だ。

「回転草」や「彼女をバスタブにいれて燃やす」を「たべおそ」や「GRANTA」で単発で読んだときには気づかなかったが、こうしていくつかの作品をまとめて読むと、大前粟生氏の小説世界が見えてくる。ときに不条理であり、ときに創造的で想像的な世界観。常に読者を欺く騙りの世界がそこにある。

ところで、本書には刊行記念として特典ペーパーはついてくる。エッセイのような短い創作物にも回転草が登場する。こういう、どこまでの読者に騙りつくそうとする著者の創造力が大好きだ。

 

文学ムック たべるのがおそい vol.2

文学ムック たべるのがおそい vol.2

 
のけものどもの: 大前粟生短篇集 (惑星と口笛ブックス)

のけものどもの: 大前粟生短篇集 (惑星と口笛ブックス)

 
GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03

 
文字の消息

文字の消息

 
落としもの

落としもの