ガタガタ書評ブログ

読んだ本の感想などをボチボチと綴るブログ

戦争

ロバート・ゴダード/北田絵里子訳「謀略の都(上下巻)」(講談社)-『1919年三部作』の幕開け。父の不審死の謎を追うマックスに立ちふさがる国際的な謀略の影とは?

謀略の都(上) 1919年三部作 1 (講談社文庫) posted with ヨメレバ ロバート・ゴダード 講談社 2017-01-13 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 hontoで購入 e-honで購入 図書館で探す 謀略の都(下) 1919年三部作 1 (講談社文庫) posted with ヨメ…

バナ・アベド/金井真弓訳「バナの戦争~ツイートで世界を変えた7歳少女の物語」(飛鳥新社)-いつだって戦争の一番の犠牲者は子どもたち。でも、今なら子どもの声が世界を動かせる。バナがそれを証明した。

バナの戦争 posted with ヨメレバ バナ・アベド 飛鳥新社 2017-12-16 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 hontoで購入 e-honで購入 図書館で探す 読んでいて、途中何度も強い怒りと胸を締め付けられるような悲しみとつらさを感じた。 バナ・アベ…

佐藤亜紀「戦争の法」(伽鹿舎)-デビュー作『バルタザールの遍歴』に続く第2長編が待望の復刊。日本海に面したN県の独立宣言に端を発する戦いの記録は、型にはめられない戦争と地方を描く。

戦争の法 (伽鹿舎QUINOAZ) posted with ヨメレバ 佐藤 亜紀 伽鹿舎 2017-12-23 Amazonで購入 Kindleで購入 hontoで購入 e-honで購入 図書館で探す 1975年、日本海に面したN県が日本国からの独立を宣言した。本書「戦争の法」は、そんな架空の独立騒動とその…

西島大介「アオザイ通信完全版 #1~食と文化」(双子のライオン堂)-ベトナムを描くエッセイマンガ。なのに第1回のタイトルは『ベトナムには行ったことがない』って?

アオザイ通信完全版〈1〉食と文化 posted with ヨメレバ 西島 大介 双子のライオン堂 2017-11-30 Amazonで購入 hontoで購入 e-honで購入 図書館で探す 昨年11月に開催された『第二十五回文学フリマ東京』で先行販売された西島大介「アオザイ通信完全版#1~…

キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー/大作道子訳「わたしがいどんだ戦い 1939年」(評論社)-障がいがあることを心のハンデキャップにしてはいけないのだと知ることで、少女は自分との戦いに勝ったのだと思う。

わたしがいどんだ戦い 1939年 posted with ヨメレバ キンバリー・ブルベイカー ブラッドリー 評論社 2017-08-10 Amazonで購入 楽天ブックスで購入 hontoで購入 e-honで購入 図書館で探す 昨年(2017年)、劇場でクリストファー・ノーラン監督「ダンケルク」…

おざわゆき「あとかたの街(全5巻)」(講談社)-戦争末期、日本全土を火の海にした米軍の空襲で名古屋の街も灰燼と化した。これは、名古屋大空襲を生き抜いた著者の母の記録です。

あとかたの街 コミック 1-5巻セット (KCデラックス BE LOVE) 作者: おざわゆき 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/11/13 メディア: コミック この商品を含むブログを見る [まとめ買い] あとかたの街(BE・LOVEコミックス) 作者: おざわゆき メディア: K…

大岡昇平「野火」(新潮社)-極限状態におかれたとき、人間の心は崩れ壊れる

野火 (新潮文庫) 作者: 大岡昇平 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1954/05/12 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 520回 この商品を含むブログ (94件) を見る 野火(新潮文庫) 作者: 大岡昇平 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/12/27 メディア: Kind…