タカラ~ムの本棚

読んだ本の感想などをボチボチと綴るブログ

田房永子責任編集「エトセトラvol.1 特集コンビニからエロ本がなくなる日」(エトセトラブックス)-毎号新しい編集長によって作られるフェミマガジンの創刊号。テーマは「コンビニの店頭からエロ本がなくなる日」

www.e-hon.ne.jp // 5月の『文学フリマ東京』で購入した中の一冊。「毎号、新しい編集長がいま伝えたいテーマを特集するフェミマガジン」(裏表紙より抜粋)の創刊号になる。編集長は、漫画家でライターの田房永子さん。テーマは『コンビニからエロ本がなく…

フェルディナント・フォン・シーラッハ/酒寄進一訳「罪悪」(東京創元社)-罪の意識とはどういうものなのか。

www.e-hon.ne.jp // 人は、自分が犯した罪の重さをどう考えるのだろうか。 小さな罪であっても、深く罪悪感に苛まれて苦悩し続ける人がある。大きく重い罪を犯しても平然としていられる人がある。 フェルディナント・フォン・シーラッハの短編シリーズ第2作…

フェルディナント・フォン・シーラッハ/酒寄進一訳「犯罪」(東京創元社)-人はなぜ罪を犯してしまうのか。それぞれの事情、それぞれの人生をみつめる11の物語

www.e-hon.ne.jp // 先日(2019年4月19日)、『はじめての海外文学』の人気企画『はじめての読書会』の番外編として翻訳家酒寄進一さんをお迎えしたイベントが開催されました。その課題図書となったのが、フェルディナント・フォン・シーラッハ「犯罪」です…

ニコラ・ド・イルシング/末松氷海子訳、三原紫野絵「なんでもただ会社」(日本標準)-なんでもタダ!なんと甘美な言葉!でも、甘い言葉には必ず裏があるよ、気をつけて!

www.e-hon.ne.jp // 無料!タダ! なんと心惹かれるワードなんでしょう。ランチタイムに入った定食屋さんでごはんと味噌汁のおかわりが無料!とか、ラーメン屋さんで大盛無料!とか、今ならエアコンの取付工事費が無料!とか、世の中には無料・タダが溢れて…

ライマン・フランク・ボーム/宮坂宏美訳「完訳オズの魔法使い」(復刊ドットコム)-よく知っている物語ですが、本ははじめて読みました

www.e-hon.ne.jp // 「オズの魔法使い」は、映像作品では観たことがあっても本を読んだことがありませんでした。今回、『はじめての海外文学vol.4』で訳者でもある宮坂宏美さんが推薦したので読んでみました。 カンザス州で、お百姓のヘンリーおじさん、奥さ…

友田とん「パリのガイドブックで東京の町を闊歩する1 まだ歩きださない」(代わりに読む人)-「『百年の孤独』をか代わりに読む」の友田とん、今度はパリのガイドブックで東京を歩く!?

パリのガイドブックで東京の町を闊歩する: まだ歩きださない (1) 作者: 友田とん 出版社/メーカー: 代わりに読む人 発売日: 2019/04/22 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る // 「『百年の孤独』を代わりに読む」という、なんとも興味をそそられるタ…

ロバート・ニュートン・ベック/金原瑞人訳「豚の死なない日」(白水社)-父と息子をつなぐ強くて深い絆の物語

www.e-hon.ne.jp // 父、ヘイヴン・ペックに……父は寡黙で穏やかで豚を殺すのが仕事だった。 ロバート・ニュートン・ベック「豚の死なない日」は、息子と父の物語だ。 主人公のロバートは、著者ロバート・ニュートン・ベック自身である。「豚の死なない日」は…

ハン・ガン/斎藤真理子訳「すべての、白いものたちの」(河出書房新社)-白きもの、それは、儚くて、柔らかくて、優しくて、少し怖い

www.e-hon.ne.jp // 小説というよりは、ひとつひとつが美しい詩歌のような、胸にじんわりと染み入ってくるような作品だと感じた。 そう、これは『作品』だ。「小説」であり「物語」でありながら「小説」でも「物語」でもない。『作品』なのである。 芸術的と…

チョ・ナムジュ/斎藤真理子訳「82年生まれ、キム・ジヨン」(筑摩書房)-どれだけ理解したつもりでも、どこかに男性目線のバイアスが生まれる。キム・ジヨンを診察しカルテを記した精神科医と私は『同じ穴の狢』なのだ

www.e-hon.ne.jp // 韓国で100万部を突破する大ベストセラーとなり、日本でも2018年12月に刊行後10万部を超えるベストセラーとなった話題の本である。 キム・ジヨン氏、三十三歳。三年前に結婚し、昨年、女の子を出産した。 こんな、ちょっと無機質とも思え…

鹿子裕文「へろへろ~雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々」(ナナロク社、筑摩書房(文庫))-読んでいる間は、ただただ笑っていた。でもそれで終わりじゃなかった。読み終わったときには胸に深く刻まれるものが残されていた。

へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々 作者: 鹿子裕文,装画:奥村門土(モンドくん),AD:寄藤文平+鈴木千佳子 出版社/メーカー: ナナロク社 発売日: 2015/12/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (7件) を見る // ナナロク社版の「へろへ…

J・G・バラード/南山宏「ハロー、アメリカ」(東京創元社)-アメリカ崩壊から1世紀。荒廃し砂漠と化した大地が見せつける人間の狂気。

www.e-hon.ne.jp // イギリスから大西洋を横断してアメリカ大陸を目指した蒸気船アポロ号がマンハッタン島に到着する場面からJ・G・バラードのSF長編「ハロー、アメリカ」は始まる。 書き出しからは、この物語の時代設定がアメリカ大陸がコロンブスによって…

ペネロピ・フィッツジェラルド/山本やよい訳「ブックショップ」(ハーパーコリンズ・ジャパン)-海辺の街に小さな本屋を開くのが彼女の夢。ほんのささやかな夢だった。

www.e-hon.ne.jp ブックショップ (ハーパーコリンズ・フィクション)(Amazonで購入) ブックショップ (ハーパーコリンズ・フィクション 8) [ ペネロピ・フィッツジェラルド ](楽天ブックスで購入) 本書は、映画「マイブックショップ」の原作である。著者…

吉澤康子+和爾桃子編訳/アーサー・ラッカム挿絵「夜ふけに読みたい不思議なイギリスのおとぎ話」(平凡社)-子どもの頃、寝る前に読み聞かせてもらったおとぎ話。そんな気分でゆっくり楽しみたい一冊です。(一気読みしちゃったけど)

www.e-hon.ne.jp 夜ふけに読みたい 不思議なイギリスのおとぎ話(Amazonで購入) 夜ふけに読みたい 不思議なイギリスのおとぎ話 [ 和爾 桃子 ](楽天ブックスで購入) 「赤ずきんちゃん」「さんびきの子豚」「ジャックと豆の木」などなど、子どもの頃に読み…

コリン・アダムス/小宮太郎訳「ゾンビ対数学~数学なしでは生き残れない」(技術評論社)-発生当初、ゾンビは指数関数的に増加します。しかし、エサとなる人間の数が減少すればゾンビは減少に転じ、ゾンビの減少によって人間の数が増加に転じます。これはすべて数学的に説明できます。

www.e-hon.ne.jp ゾンビ 対 数学 ― 数学なしでは生き残れない(Amazonで購入) ゾンビ対数学 数学なしでは生き残れない [ コリン・アダムス ](楽天ブックスで購入) まず最初にお断りしておかなければいけない。本書をゾンビが出てくるスプラッターなホラー…

コナン・ドイル/千葉茂樹訳、ヨシタケシンスケ絵「コナン・ドイルショートセレクション 名探偵ホームズ踊る人形」(理論社)-名探偵シャーロック・ホームズが活躍する短編から厳選された作品を収録したホームズ入門書

www.e-hon.ne.jp コナン・ドイルショートセレクション 踊る人形 (世界ショートセレクション)(Amazonで購入) 名探偵ホームズ踊る人形 (世界ショートセレクション コナン・ドイルショートセレクション) [ アーサー・コナン・ドイル ](楽天ブックスで購入…

メガン・シェパード作、リーヴァイ・ピンフォールド絵/原田勝、澤田亜沙美訳「ブライアーヒルの秘密の馬」(小峰書店)-少女には鏡の中に馬がみえた。翼の傷ついた馬は少女がみた夢なのか、それとも現実なのか。

www.e-hon.ne.jp ブライアーヒルの秘密の馬 (Sunnyside Books)(Amazonで購入) ブライアーヒルの秘密の馬 [ メガン・シェパード ](楽天ブックスで購入) わたしたちは空を飛んでいた 279ページのこの文章からはじまる一連の場面に息を呑んだ。リーヴァイ・…

エヴァ・イボットソン/三辺律子訳「夢の彼方への旅」(偕成社)-マイヤ、フィン、クロヴィス。子どもたちは夢の世界で大きく成長していく。

www.e-hon.ne.jp 夢の彼方への旅(Amazonで購入) 夢の彼方への旅 [ エヴァ・イボットソン ](楽天ブックスで購入) エヴァ・イボットソンの作品の中でも評価の高い作品が本書「夢の彼方への旅」です。 舞台は、いまから100年くらい前、20世紀初頭のブラジル…

エヴァ・イボットソン/三辺律子訳「ガンプ魔法の島への扉」(偕成社)-9年に一度9日間だけ開く魔法の島と人間界をつなぐ魔法の扉を抜けて、さらわれた王子を救い出しに来た4人の救出者。彼らがみた成長した王子の姿は想像を絶するものだった。

www.e-hon.ne.jp ガンプ―魔法の島への扉(Amazonで購入) ガンプ―魔法の島への扉(楽天ブックスで購入) いまの世の中、学校へ行って子どもたちに「ガンプってなんだ?」ときいても、ろくなこたえが返ってこないだろう。 という一文からはじまるのが、エヴァ…

イ・ジョンミョン/鴨良子訳「星をかすめる風」(論創社)-戦争末期の福岡刑務所。囚人として収監された詩人と看守は、言葉を介して関係をつなぐ。言葉、文字、そして詩によって生まれる共感。

www.e-hon.ne.jp 星をかすめる風(Amazonで購入) 星をかすめる風 [ イ・ジョンミョン ](楽天ブックスで購入) 韓国の国民的詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ)をめぐる愛と死の物語 本書「星をかすめる風」の帯には、こんな惹句が記されている。 舞台は、太平…

エヴァ・イボットソン/三辺律子訳「黒魔女コンテスト」(偕成社)-偉大なる魔法使いのパートナーは誰に?黒魔法世界のシンデレラストーリー

www.e-hon.ne.jp (Amazonで購入) (楽天ブックスで購入) 黒魔法世界のシンデレラストーリー。エヴァ・イボットソン「黒魔女コンテスト」は、簡単に言ってしまうとそういう話です。 これまで読んできたイボットソンの作品の中では、比較的ストレートな話だ…

亀石みゆき「CINEMA TALK Vol.1、Vol.2」「映画の中の女たち」-可愛らしいイラストと素敵な文章で好きな映画を紹介するZINE。映画が観たくなる!

映画感想zine各種を下記の書店様で販売しています。どのお店もすごく素敵なお店です♬どうぞよろしくお願いします。Readin’ Writin’ BOOK STORE(東京・田原町) Title(東京・荻窪)隣町珈琲(東京・荏原中延)ポルベニールブックストア(神奈川・大船)乃帆…

エヴァ・イボットソン/三辺律子訳「おいでフレック、ぼくのところに」(偕成社)-ずっと犬が欲しかったハルのところにやってきたフレック。ずっと一緒のはずだったのに...

www.e-hon.ne.jp Amazonでの購入はこちら おいでフレック、ぼくのところに 楽天ブックスでの購入はこちら おいでフレック、ぼくのところに [ エヴァ・イボットソン ] 子どもの頃から犬を飼っています。今の犬が4匹目です。17歳のおばあちゃん犬ですが、衰え…

クリス・ダレーシー/三辺律子訳「龍のすむ家」(竹書房)-条件は、子どもとネコと龍が好きな方。デービットが暮らすことになった下宿には、女主人と子どもとネコ、そして陶器の龍が住んでいた。

www.e-hon.ne.jp Amazonで購入の場合はこちら 龍のすむ家 (竹書房文庫) 楽天ブックスで購入の場合はこちら 龍のすむ家 (竹書房文庫) [ クリス・ダレーシー ] 下宿人募集中家賃40ポンド一軒家のすてきな部屋 食事、選択付き清潔で、きれい好きな、静かな…

ピョン・ヘヨン/きむふな訳「アオイガーデン」(クオン)-人智の及ばない恐怖と日常のそばにある恐怖。大きな恐怖を乗り切っても安心できない。

www.e-hon.ne.jp 巻頭に収録されている短編「貯水池」から読み始めた。 女子学生の服が貯水池の裏の森で見つかるところから話は始まる。最近、長い失踪のあと死体で発見されるケースが頻発しているのだ。失踪したまま見つからない人もいる。女子学生も、死体…

パヴェル・ブリッチ/阿部賢一訳「夜な夜な天使は舞い降りる」(東宣出版)-夜な夜なくりひろげられる守護天使たちのオフ会に、あなたも参加してみませんか?

www.e-hon.ne.jp 昨年(2018年)11月に開催された『第3回はじめての海外文学スペシャル』イベントに、パヴェル・ブリッチ「夜な夜な天使は舞い降りる」の翻訳者である阿部賢一先生が登壇された。ご自身の推薦で、本書が『はじめての海外文学vol.4』に選書さ…

リーヴ・ストロームクロヴィスト/相川千尋訳「禁断の果実-女性の身体と性のタブー」(花伝社)-女性の身体について堂々と語れない環境をつくっているのは、私も含めたアホな男たちなんだよね。

www.e-hon.ne.jp 「女性器に興味はありますか?」と問われたならば、「興味はあります」と答えるだろう。だけど、「女性器について何を知っていますか?」と問われたならば、「詳しいことは何も知らないです」としか答えようがない。 なぜ、私たちは女性器に…

チェ・ウニョン/牧野美加・橋本麻矢・小林由紀訳、吉川凪監修「ショウコの微笑」(クオン)ー人と人とのつながり。そこから生まれる物語の奥深さ。

ショウコの微笑 (新しい韓国の文学) 作者: チェウニョン,吉川凪,牧野美加,横本麻矢,小林由紀 出版社/メーカー: クオン 発売日: 2018/12/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 何気なく読み始めて、すぐに「これはスゴイ」と思った。 チェ・ウニョ…

ジュリー・オオツカ/小竹由美子訳「あのころ、天皇は神だった」(フィルムアート)-日米開戦、日系人強制収容、そして終戦と解放。戦争によって分断された人と人とのつながりと奪われた人間としての尊厳。

あのころ、天皇は神だった 作者: ジュリー・オオツカ,小竹由美子 出版社/メーカー: フィルムアート社 発売日: 2018/09/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る ある日、突然にあらわれた告知。掲示板、木の幹、バス停のベンチ、その他あらゆ…

ジョーン・G・ロビンソン作・絵/小宮由訳「メリーメリーおとまりにでかける」(岩波書店)-まだ小さい女の子メリーメリーは、いつだって好奇心いっぱい。

メリーメリー おとまりにでかける 作者: ジョーン・G.ロビンソン,小宮由 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/03/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る メリーメリーはまだ小さい女の子。五人きょうだいの末っ子で、一番上はお姉ちゃんのミリ…

バーバラ・ストック/川野夏実訳「ゴッホ-最後の3年」(花伝社)-数々の傑作が描かれた晩年のゴッホを描くグラフィック・ノベル。自らに追いつめられ、狂気を帯びていく天才の姿。

ゴッホ 最後の3年 作者: バーバラストック,Barbara Stok,川野夏実 出版社/メーカー: 花伝社 発売日: 2018/11/23 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る ヴィンセント・ヴァン・ゴッホでパッと思いつく作品はなんだろう。 『ひ…